所得税確定申告書類作成

目次

『超合理的節税術』の最大のメリットは?

『超合理的節税術』特別レポート期間限定無料進呈中

『超合理的節税術』ではどの程度のスキルが必要なのか?

『超合理的節税術』では費用はかかるのか?

『超合理的節税術』は休日にまとめて出来るのか?

『超合理的節税術』には違法性はないのか?

『超合理的節税術』にはデメリットはあるのか?

『超合理的節税術』は類似商材と比べてどちらが良いのか?

『超合理的節税術』ではレター通りの結果が得られるのか?

『超合理的節税術』についての質問受付



2009年3月の新着情報

サクッと節税、簡単法人化パッケージ

個人のビジネスを大きくし、利益を守るための法人化+節税ノウハウパック。


安いという魅力はありますが、
3,000円足らずでどこまでサポートしてもらえるんでしょうか?

Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:確定申告
エントリー:2009年3月の新着情報

電子化する確定申告に対応したICカードリーダー

ソニーが2009年1月にリリースした新PaSoRiこと「RC-S330」は、
ネット上で確定申告ができる「e-Tax」対応の
非接触型ICカードリーダーです。


パソコンなどと接続することで、
電子マネーの残高確認やチャージが行えるそうです。


従来の製品と同様、電子マネーの「Edy」や「eLIO」の残高確認やチャージ、
「Suica」「ICOCA」「PASMO」「PiTaPa」「TOICA」「Kitaca」「nimoca」といった
交通系カードの利用明細が確認できるようになっているみたいです。


Windows XP/Vistaを搭載したパソコンのほか、
PlayStation 3にも対応しているのはさすがソニーです。


以前の製品との違いは対応カードの違いのほか、
デザイン面にも細かな違い見受けられます。


分かりやすいところでは、
旧来のモデルは色が白だったのが、
黒に変わりました。


また、従来のPaSoRiは製品にUSBケーブルを接続したが、
新PaSoRiはミニUSBコネクタを採用しています。


その一方で、以前のモデルで採用していたかざすときに
本体部分が光るギミックがなくなったのは
ちょっと残念なバージョンダウンかもしれません。


この製品の最大の特徴は
e-Taxのための住民基本台帳カードのサポートだが、
市町村によっては接触型のICカードリーダーしか
利用できないようです。


e-Taxを利用したい場合は事前に市町村に確認してみてください。


もしその地域で新PaSoRiをサポートしているなら、
e-Taxによる申告で最大5000円の控除が受けられます。


今年、それも今の時期こそが買い時といえる一つではないでしょうか?


プロゴルファー・石川 遼選手、国税電子申告・納税システム「e-Tax」を体験

確定申告の対象となるプロゴルファー・石川 遼選手(17)が、
国税電子申告・納税システム「e-Tax」を体験されたようです。


所得税の確定申告は、2月16日からスタートするが、
「e-Tax」で確定申告すると、最高で5,000円の税額控除を受けられる。


石川選手は
「毎年、納税したあとにマスターズに行けるように
がんばりたいと思います」
と話していたみたいです。



未成年でも所得があれば、石川遼選手のように
確定申告が必要になってきます。


アフィリエイトも報酬=所得ですので、
当然申告が必要です。


忘れずに期限までにできるだけ早く行ってくださいね。

石川選手が電子申告パブリック・リレーションズ / 「国外からも可能」

 確定申告の受け付けが2月16日から始まるのを前に、史上最年少で昨年の国内賞金王に輝いたプロゴルファー石川遼選手(18)=埼玉県松伏町出身=が27日、同県越谷市の越谷税務署で国税電子申告・納税システム(e―Tax)をPRした。

 マスターズ・トーナメント(米国)出場が決まる等、今年も海外での活動が増える石川選手。「自宅に居ることが少なく、海外からも申告が出来るのはありがたい」と話した。

 石川選手は、昨年の同税務署の催事で操作を学んだe―Taxを使い、プロ1年目の確定申告をしたと言う。

 この日は「税務署行かずにネットで何処でも申告」と書かれたプレートを胸に付け、即席のPR大使に。「マスターズの予選突破を目標に、日本のツアーでも勝ちたい」と抱負を語った。



「e-Tax」で確定申告!〜西新井納税六団体が活用プロモーション宣言

 15日、西新井法人会館で西新井納税6団体が、e-Tax利用推進宣言をした。

 西新井納税6団体(※)を代表し東京税理士会西新井支部の安藤政利支部長から西新井税務署の鍋内幸一署長に宣言書が手渡された。

 確定申告の時期には全国で2,000万人を超える納税者が申告をするため、税務署は大変混雑する。

 e-Taxとは、国税電子申告・納税システムのこと。
あらかじめ開始届出書を提出し、利用者識別番号等を取得しておけば(オンラインで取得出来る)、インターネットで国税にかんする申告や納税、申請・届出等の手続が出来るシステム。「確定申告書等作成コーナー」で作成した申告書等のデータは、e-Taxを利用し自宅から税務署に送信出来る。

 e-Taxの普及が、税務行政の効率化と納税者利便の向上に必要不可欠で有るとし、西新井納税六団体が西新井税務署と連携を図りながらかつ各団体と相互連携することを宣言した

枝村匠馬選手 催し物参加のお知らせ 『e-Tax体験』

エスパルスの枝村匠馬選手が1月21日(木)、静岡税務署にて『国税電子申告・納税システム e-Tax体験』の催しに参加しますので、次の通りお知らせいたします。

【日時】
2010年1月21日(木)11:15〜12:00(予定)

【場所】
静岡税務署 別館会議室 (静岡市葵区追手町10-88)

【内容】
枝村匠馬選手がパソコンを利用して、国税庁ウェブページから確定申告書を作成、電子送信する『国税電子申告・納税システム e-Tax』を体験する催しに参加します。

※選手の体調等の都合により、急遽変更と成ることがござ居ますので、ご了承願居ます。
以上

外国為替証拠金取引/CFDインベスターが知っていべき「税」の話題が満載、インヴァスト証券が改訂本刊行

インヴァスト証券は12日、近代セールス社から、『FX投資家の為の賢い税金の本(平成21-22年改訂版)』(インヴァスト証券編著)を1月中旬に発売すると発表した。

FX(外国為替証拠金取引)は金融商品の一つとして定着してきて居るが、FXには、取扱業者が源泉徴収してくれる、株の特定口座のような仕組みが無い。その為、FX投資家は自分で確定申告する必要があり、税金の知識は欠か無いが、取引所FXと店頭FXでは税率や申告方法が違う等、複雑なものとなって居る。

2009年からは、取引所FX業者だけでなく店頭FX業者にも支払調書の提出が義務づけられ、2010年の確定申告分から、税務署で投資家ごとのFXの損益を申告前に把握出来るようになって居る。

インヴァスト証券では2009年、取引所FXと店頭FX両方を取扱ってきた実績をもとに、FXの税金に特化した書籍『FX投資家の為の賢い税金の本』を出版。2010年1月中旬に、その改訂版を発売する。

同社に寄せられた問い合わせをもとに、同社社員が著作編集。確定申告書の記入例も、2010年の申告用紙を使用して居る。2009年7月に開始した取引所FX「大証FX」や、最新金融商品「CFD」の税金も盛り込み、大幅にバージョンアップして居る。


iPhoneで楽々確定申告、アメリカ・インテュイットが新ジェネレーション税申告用ソフトウェア開発

米国は間もなく確定申告のシーズンを迎えるが、会計・経理ソフトウェアで世界最大手の米インテュイット(Intuit)は、iPhoneを利用する納税申告用ソフトを発表した。

「スナップ・タックス(SnapTax)」と名づけられたこのソフトは、アップルのオンラインストア、アップストア(App Store)で15日に発売される。値段は10ドル(約930円)。税理士に依頼するよりはるかに安い。

 会社員の場合、項目別の税額控除を申請し無いのであれば、「W-2」と言う雇用主が発行する給与所得の源泉徴収票をiPhoneに内蔵されて居るカメラでスキャンするだけで、政府機関が指定する電子申告書ができあがる。その後、スキャン結果が正確で有ることを確認し、いくつかの質問に答えればiPhoneからインターネット経由で確定申告をすませることが出来る。

 ラスベガス(Las Vegas)で開催された世界最大級の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(Consumer Electronics Show)」でデモンストレーションをしたインテュイットのリッチ・プリース(Rich Preece)氏は「郵便受けにW-2を取りに行き、その場でiPhoneを使ってスキャンすれば、家に入る迄に確定申告が終わる」と、手軽さをアピールした。

 同ソフトは最初、カリフォルニア(California)州でのみ販売される。順次、他の州やより複雑な書式の申告書類に対応していく方針だ。

iPhoneで楽々確定申告、アメリカ・インテュイットが新ジェネレーション税申告用ソフトウェア開発

米国は間もなく確定申告のシーズンを迎えるが、会計・経理ソフトウェアで世界最大手の米インテュイット(Intuit)は、iPhoneを利用する納税申告用ソフトを発表した。

「スナップ・タックス(SnapTax)」と名づけられたこのソフトは、アップルのオンラインストア、アップストア(App Store)で15日に発売される。値段は10ドル(約930円)。税理士に依頼するよりはるかに安い。

 会社員の場合、項目別の税額控除を申請し無いのであれば、「W-2」と言う雇用主が発行する給与所得の源泉徴収票をiPhoneに内蔵されて居るカメラでスキャンするだけで、政府機関が指定する電子申告書ができあがる。その後、スキャン結果が正確で有ることを確認し、いくつかの質問に答えればiPhoneからインターネット経由で確定申告をすませることが出来る。

 ラスベガス(Las Vegas)で開催された世界最大級の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(Consumer Electronics Show)」でデモンストレーションをしたインテュイットのリッチ・プリース(Rich Preece)氏は「郵便受けにW-2を取りに行き、その場でiPhoneを使ってスキャンすれば、家に入る迄に確定申告が終わる」と、手軽さをアピールした。

 同ソフトは最初、カリフォルニア(California)州でのみ販売される。順次、他の州やより複雑な書式の申告書類に対応していく方針だ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。