所得税確定申告書類作成

目次

『超合理的節税術』の最大のメリットは?

『超合理的節税術』特別レポート期間限定無料進呈中

『超合理的節税術』ではどの程度のスキルが必要なのか?

『超合理的節税術』では費用はかかるのか?

『超合理的節税術』は休日にまとめて出来るのか?

『超合理的節税術』には違法性はないのか?

『超合理的節税術』にはデメリットはあるのか?

『超合理的節税術』は類似商材と比べてどちらが良いのか?

『超合理的節税術』ではレター通りの結果が得られるのか?

『超合理的節税術』についての質問受付



中小企業/個人事業主/ベンチャー経営者のバックアップこそが私達のミッション

弥生は12月4日から同社の2010年度のメイン商品と成る業務ソフト「弥生 10(いちぜろ) シリーズ(はじめ、10 シリーズ)」を全国一斉売り出す。「手応えは有る。あとは顧客の判断に任せたい」と同社代表取締役社長 岡本浩一郎氏は、すこし神妙な面持ちで語る。

昨年来の不況から、業務ソフト市情景も規模が縮小しつつ有る。弥生は2009年度、シェア1位は保った物の、売上価額は減損してしまった。経費削減を推し進めた効果もあり、営業得は確保して居るが、マーケットリーダーとして市情景をこのまま縮退させてしまう件は許され無い。「2010年度は市情景拡大に向けた努力をさらに徹底する。其れが我々の責務」とする岡本社長に、弥生 10 シリーズの特色と、2010年度に向けての同社の戦略について伺った。

--10 シリーズの機能強化のポイントを教えて頂戴。

大きく分けて3つのポイントが有ります。まず第1にデータの保全性が格段にアップした件です。Windows 7への完全対応もこれにあたります。御存じのとおり、Windows 7はすさまじくセキュアなOSへと進化しました。当たり前、その上で動くアプリケーションも同様の対応が求められます。業務ソフトをつかうユーザにとって最も大切な物 - 其れはデータです。アプリケーション上でデータが消えてしまうような件があっては絶対になら無い。10 シリーズのキャッチフレーズは「かんたん、やさしい、あんしん」ですが、この「あんしん」の部分についてはかなり力を入れて開発にあたりました。

第2のポイントはオンライン対応をさらに推し進めた件です。オンライン対応は05 シリーズから行って居ますが、これ迄の「オンラインバックアップ」「オンラインアクティベーション(ライセンス認証)」に加え、10からは「オンラインアップデート」が利用出来るようになりました。ソフト起動時に、自動でアップデートが実行され、必要なモジュールが下落ロード出来ます。機能修正/追加はもっとも、法令改正や確定申告対応等は出来るだけ迅速に行なわれるべきですが、CD-ROMによるアップデートでは月日がかかりすぎていた。オンラインアップデートにより、最新モジュールをタイムリーに提供出来るようになったので、ユーザの利便性は大きく向上すると思って居ます。

第3のポイントは業務マニュアルによる導入支援です。これは普通の操作マニュアルの外に付加した機能で、とくにはじめて業務ソフトをつかうユーザに最適だと思って居ます。たとえば仕訳入力のとき、どういった手順で入力するのか、どのタブをクリックするのか、といった具体的な入力ヤツ法を命して居ます。業務の経過に従って、実際のトレードを例に進めて居るので、すさまじくわかりやすい。この機能を付けるのはけっこう大変な作業でしたが、最終的には満足いただける仕上がりになったと自負して居ます。

09 シリーズのときも申し上げましたが、我々は"ユーザ不在"のむやみやたらな機能強化は行なわ無いようにして居ます。其れよりも「マニュアルには書いてい無い、目に見え無い部分の使いやすさ」を実感していただきたい。10 シリーズではかなりの部分で其れが実現できました。当社のエンジニアも、現代回は相当の"満足感"をもって製品を市情景に送り出せたと思居ます。

--2008年4月に社長に就任されてから1年半が経過されました。2009年度(2008年10月 -2009年9月)は岡本社長自身がはじめて1年間フルで経営にあたられた年だったわけですが、自己採点するとしたら何点くらいでしょうか。

65点くらいですかね(笑) 景気がきびしいとはいえ、業務ソフト市情景をもう少し拡げる件ができたのでは無いか、と反省して居ます。

業務ソフト市情景は、このみぎり、二極化して居ると言われて居ます。低価格を売りにする製品と、弥生のように安堵感とブランド力を売りにする製品 - 我々は現代回、一部分の製品で値下げを図りましたが、其れでも他社のように、3,000円 - 4,000円台の製品の開発に手を付ける気は有りませんし、又、其れをすべきでは無いとも思って居ます。これは各人的な感想ですが、価格だけで業務ソフトを選ぶ顧客は少無いのでは無いでしょうか。

むしろ、我々に足りなかったのは価格面の努力よりも「業務ソフトを使ってみたいんだけど、難しそうだし、面倒くさそうだし…」と迷って居る顧客の背うちを、もう一押し出来るだけの力です。弥生はマーケットリーダーで有る以上、そういった顧客に対し、「業務ソフトは難しく無い、自計化、青色申告をしたほうが有利です」といった伝言をもっと伝えなければなら無い。「難しそうだから使わ無い」と云う選択を顧客にさせてしまって居るのなら、其れはメーカー側の責任です。弥生の製品をつかう/使わ無いはおいておいて、まずは顧客に業務ソフトの良さを知ってもらう件 - 具体的には起業家支援の為の催し等を、片田舎片田舎公共団体や会計士のヤツ々と協力して積極的に開催していきたい。たとえば、10月から横浜ベンチャーポート(横浜市経済観光局)主催の「社長1年生の為のおかねにまつわる講座 初級編」と云う全12回の講座を企画の段階から協力させてもらって居ます。現代後はこういった取り組みを積極的に推進していきます。

--岡本社長の云う"顧客"とは、うち小会社、各人件業主、起業家と云う件でしたが、当面はそのターゲット層は変わら無いと云う件でしょうか。うち堅会社市情景についてはどう見ていらっしゃ居ますか。

とりあえず現状では、うち堅会社市情景は見て居ません。やはりうち堅会社の顧客と成ると、どうしてもカスタマイズを必要とされる部分が多く成ります。我々はあく迄パッケージベンダであり、カスタマイゼーション迄手を広げるのはこのみぎりのビジネスモデルにそぐわ無い。逆に、うち小会社や各人件業主、起業家は、毎年新規ユーザが出身るマーケットです。これらのヤツ々の業務を支援していく件こそが、我々の社会的義務だと思って居ます。

2009年度は業務ソフト市情景自体が縮小傾向にありましたが、弥生が打ち出したヤツ向性 - うち小会社、各人件業主、起業家を積極的に支援していくと云うヤツ向性は間違っていなかったと確信して居ます。2010年度はこのヤツ向性をさら進化させ、「愚直な実践」をテーマに、製品/サービス/市情景拡大に向けた努力をしていくつもりです。

ひとつ、嬉しい話をさせていただくと、弥生の顧客は廃業率が低いとするデータが有ります。これは自計化をきちんと進めていく、つまり数字を明確に見るようにすると、自然と良好ヤツ向に経営が向かっていくと云う件の表れだと思って居ます。業務ソフトをつかう件で、我々の顧客が良好経営ありさまになり、其れがわが国経済の発展に貢献する件につながる - そういう経過を作っていきたいですね。

インタビューを終えて - 強くにじみ出るマーケットリーダとしての責任感
昨年から続く景気後退の影響は、弥生をはじめとする業務ソフト市情景にも大きな影響をあたえた。弥生 10 シリーズでは「や良好の青色申告」やインターネットワーク版の「弥生会計」「弥生販売」等の大幅値下げに踏み切ったが、其れは不況下での価格競争に参戦するのではなく、「顧客が感じて居る業務ソフトへの障壁を、すこしでも低くしたい」(岡本社長)と云うおもいからだと云う。

岡本社長はインタビューうち、何度も「マーケットリーダーとしての義務」と云う件ばを使った。市情景縮退の経過を景気のせいにするのは楽々だが、業務ソフトのパッケージベンダとして、市情景拡大の為にどれだけの件をやってきたのか、と振り返るとき、いくつ物反省点が上げられると云う。

岡本社長は就任以来、弥生の顧客は誰なのか、と云う件を常に真っ先に上げてきた。そして2009年度、同社がうち小会社、各人件業主、起業家の"インフラ"と成る件をはっきりと内外に公言した。「そのヤツ向性はまちがってい無い」とする同氏だが、そうで有るならば2010年度は少なくとも2009年度を上まわる実績が要求される。自身が示したヤツ向性の正しさを証明する為にも、まずは12月4日から発売出だしと成る「弥生 10 シリーズ」をどれだけ市情景にアピール出来るかが、弥生にすさまじく岡本氏にすさまじく大切なターニングポイントと成るだろう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132427953

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。