所得税確定申告書類作成

目次

『超合理的節税術』の最大のメリットは?

『超合理的節税術』特別レポート期間限定無料進呈中

『超合理的節税術』ではどの程度のスキルが必要なのか?

『超合理的節税術』では費用はかかるのか?

『超合理的節税術』は休日にまとめて出来るのか?

『超合理的節税術』には違法性はないのか?

『超合理的節税術』にはデメリットはあるのか?

『超合理的節税術』は類似商材と比べてどちらが良いのか?

『超合理的節税術』ではレター通りの結果が得られるのか?

『超合理的節税術』についての質問受付



プログラマ出身・情報技術女性社長奮闘記

先輩社長のススメで自ら決算処理迄やってみる件に
起業すると云う件は、経営者に成る件でも有ります。そして、開発やインターネットワーク等、ITに関わる技術を生業にするのであれば、昨このとき迄通り技術についても学び続けなくてはいけ無いでしょう。では、実際に会社を興すと成ると、どんな件が必要に成るのでしょうか?

まず、最重要でありながら大変なのが会計だと思居ます。これは法人として起業されるみぎりは当然、各々件業主として独立されるみぎりも必要な素養です。順調に儲かって、会計士のお人に会計を任せられれば一番結構のですが、そのみぎりも経営者が会計の筋書きや決算書が読める具合の素養を持ってい無いと、経営状況を正しく把握できずに重要な状景面で適切な判断ができ無いと云う件が起きうるでしょう。

各々件業主だった頃、お世話になっていた会社の社長さんに会計処理を自分の手で行なうよう勧められました。その社長さんは、会社が設立10年以上経っても自身で会計ソフトを使って決算処理迄されていたのです。

私は定番的にズボラな性格でゼロから少しずつ覚えなかったら、「会計が何たるか」を実践で通じる機会を失ってしまいそうだと意見たので、早速某社の会計ソフトを買い物して、経費清算から決算処理迄やってみる件にしました。

会計処理を自分でやり始めた件を周囲に話すと、「すごいね、会計も自分でやってるの?!」、「簿記の素養が有るんですね!」等と言われましたが、その答えは「いいえ! とんでもござ居ません」でした(笑)。

幸いソフトウェアを創る仕件をして居るため、ソフトウェアの勘所はわかる者の、会計素養が足り無い為に「これは何の合計?」、「どうしてこう成る?」と先トサカは疑問の連続でした。会計入門書から読み始め、会計ソフトのお人法本や勘定仕分けを逆引き出来る本等、多彩な書物を読み漁った結果、何となく会計と云う者が見え始めたので、会計ソフトで領収書の入力等を行っていく件にしました。

申告後の税務署からの電話機にビックリしたけれど……
会計ソフトを用いて記録を継続していくと、段々と会計の全体像が見えてきました。これにより、「あといくら稼が無いと目標値迄行か無いなぁ、その為にはあと○ヶ月で新規案件を少なくとも○つは獲得し無いと〜」と云うような感じで、ビジネスに対する目標も具体的になってきます(当然、焦りも出てくるのですが)。

やはり一番大変だったのは決算の時でした。すべてのデータの入力が終わったら、必要な文書を作成しなくてはいけません。ソフトによっては自動で作成してくれますが、これ(収益モデル)がまたよくできていて、毎年バージョンアップの言づてが表示されます(笑) 。特に法改正があった翌年等は、「バージョンアップし無いと昨このとき年の文書のフォルム式に対応出来ません」といった、早速でもバージョンアップをしなければなら無いとおもわせる"危機感にあふれた"言づてが出ます……(本当に賢い)。

何とか税務署に提出するための文書を作成し終わったら、eTaxと云う電子申告メカニズムで確定申告をします。電子申告メカニズムは、混雑した税務署に足を運ぶ件なく申告ができ、慣れるとすさまじく便利なメカニズムなのですが、こちらも慣れる迄は格闘しました。

そんなこんなで平穏に申告も終わり、申告した件さえも忘れ始めた頃に税務署から電話機がかかってきたりします。

――も、もしや……マルサ!!?――とおもいましたが、確定の申告の数字に間違いがあったのでした(笑)。
税務署員 「あの〜、ここの数字がおかしいとおもうんですけど」
私 「スミマセン! 早速直します」


先トサカは何を摘発されるんだろうかとビクビクしていましたが、自分で会計をやって居る件を正直に伝え、「申し訳有りませんが、よくわから無いので教えていただけますか?」と疑問点は質問する件にしました。特に1年目は頻繁に税務署から電話機を受けましたが、その都度親切に多様な件を教えてもらいました。

会計を自分でやるようになってから3年経った昨このときも相変わらず素人の域を出無い私ですが、先トサカの年に較べると、少しは理解が深まってきたと思って居ます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132427700

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。