所得税確定申告書類作成

目次

『超合理的節税術』の最大のメリットは?

『超合理的節税術』特別レポート期間限定無料進呈中

『超合理的節税術』ではどの程度のスキルが必要なのか?

『超合理的節税術』では費用はかかるのか?

『超合理的節税術』は休日にまとめて出来るのか?

『超合理的節税術』には違法性はないのか?

『超合理的節税術』にはデメリットはあるのか?

『超合理的節税術』は類似商材と比べてどちらが良いのか?

『超合理的節税術』ではレター通りの結果が得られるのか?

『超合理的節税術』についての質問受付



外為証拠金取引勝利ゼミ

国異国外為替エビデンス金売り買いをごぞんじだろうか。そもそも国外為替エビデンス金売り買いは、わが国が発祥の投資商品では無い。米国をはじめとする国外で人気を収集、改正外為法の施行によって、98年からわが国でも本格導入された者だ。

つまり、わが国以外の国にも、国外為替エビデンス金売り買いを取り扱って居る会社はたくさん有る。

当たり前、本社は国外に有る。一部分、国外資本の国外為替エビデンス金売り買い会社が、わが国法人を作って参入するケースも有るが、本稿で取り上げる国異国外為替エビデンス金売り買いとは、わが国人が国外の国外為替エビデンス金売り買い会社に口座を新設して商売すると云う者だ。たとえば、AVA国外為替エビデンス金売り買いや国外為替エビデンス金売り買いDD、MIG、GCIといったみぎりが、国異国外為替エビデンス金売り買いの代表的なみぎりだろう。

当たり前、わが国の国外為替エビデンス金売り買い会社も、国異国外為替エビデンス金売り買い会社の存在には気がついており、一部分の大手国外為替エビデンス金売り買い会社等では、わが国の各々各々投資家の資金が国異国外為替エビデンス金売り買い会社に流出し無いように、金融当局等を抱き込んで、規制の網をかけようとして必死になって居ると云う噂も耳にする。

ただ、わが国の国外為替エビデンス金売り買い会社が、国異国外為替エビデンス金売り買い会社に資金が流出する件を食い止めようとして、必死になれば成るほど、「どうしてそんなに必死に成るの?」と云う疑問が生じてくる。

そもそもわが国人は、国外投資に対してはかなり臆病だ。ここ数年、国外債券に投資するファンドが人気を収集ていたが、これも定期的に分配金が得られると云う長所が注視された件、国外債券に投資するとはいっても、運用会社や販売金融機関はわが国国内に有ると云う件の安堵感があったからこそ、人気が加速したと云うこと情が有る。国異国外為替エビデンス金売り買いのように、本社が国外にあり、国外に送金しなければなら無いと云う件に成ると、「本当に大丈夫なの?」と云う気味が先に立ち、なかなか実際の商売に踏み切る件が出来無いと云うのが、おそらくわが国の国外為替エビデンス金売り買い投資家が普通に抱く感情だろう。

そうで有るにも関わらず、必死になって国異国外為替エビデンス金売り買いへの資金流出を食い止めようと云う行動を見せる以上、国異国外為替エビデンス金売り買いには、わが国の国外為替エビデンス金売り買いには無い長所が有ると勘繰られても仕人が無い。

実際、国異国外為替エビデンス金売り買いを利用する長所は有る。たとえば、このごろ年の夏から予定されて居るレバレッジ規制とは無縁で有る件。いくらわが国の金融当局が強い権限を持って居るとしても、其れはあく迄もわが国国内の国外為替エビデンス金売り買い会社に対してだけの件で、国外に本拠地を持つ国外為替エビデンス金売り買い会社に迄規制の手を伸ばす件は出来無い。実際にレバレッジ規制が滑り出しした後でも、100倍、200倍といったレバレッジで商売する件が可能だ。

わが国の金融当局も、国異国外為替エビデンス金売り買いの存在には気が付いており、金融商品販売法を盾にして、規制をかけようとはして居るようだが、相手が国外だけに、どうしても決め手にかけてしまう。恐らく、「1年後に50倍、2年後からは25倍」と云うレバレッジ規制が現実化したら、いわゆる「レバレッジ・ジャンキー」になって居る、一部分のわが国人国外為替エビデンス金売り買いトレーダーは、国外に逃げ道を求める件に成るだろう。

とはいえ、国異国外為替エビデンス金売り買いには注意すべき点も多い。

まず、本当にその国外為替エビデンス金売り買い会社が存在して居るのかどうかと云う点。国異国外為替エビデンス金売り買いと云う以上は、本拠地が国外に成る。各々各々が、その国外為替エビデンス金売り買い会社の存在を確認しようとしても、なかなか難しい。なかには、国異国外為替エビデンス金売り買い業者を騙って居るだけのみぎりも有るかも知れ無いのだ。預託すたエビデンス金が戻って来なく成るリスクは、トサカに入れておいた人が優良だろう。

仮に、まともな業者だったとしても、何かトラブルがあった時、其れを解決する為には、自力で何とかしなければなら無い。わが国語が分かるスタッフがいなかったら、トラブル解決には、かなりの困難がつきまとう。

税金のクエスチョン点も有る。このごろ、国内国外為替エビデンス金売り買いについては、定番的にすべて支払調書が税当局にディスクローズされて居るため、確定申告をわすれると、後で追徴課税される。国異国外為替エビデンス金売り買いの時も、当たり前商売で発生した得については、きちっと確定申告する必要が有るが、国内国外為替エビデンス金売り買いに較べると、税当局もフォローし切れ無い部分が有るので、なかには申告し忘れてしまうケースも生じてくる。何年も申告し無いまま、有る日突然、税当局に踏み込まれたら、過去にさかのぼって、莫大な追徴課税を課せられる恐れも有る。したがって、商売によって生じた得の申告は、忘れ無いようにしなければなら無い。

いずれにしても、国異国外為替エビデンス金売り買いの最大のクエスチョン点は、まともな業者で有るかどうかと云う点に尽きる。もし、国異国外為替エビデンス金売り買いでトレードをするのであれば、まずは少額資金で商売をはじめる件。そして、何回か出金要請をおこ無い、きちっと自分の口座に現金が振り込まれるかどうかを確認した後、エビデンス金の額を増やしていった人が優良。いきなり大金を預託す、そのまま持ち逃げされたから、元も子も無い。くれぐれも慎重に対応するべきだろう。

タグ:FX 確定申告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132426857

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。