所得税確定申告書類作成

目次

『超合理的節税術』の最大のメリットは?

『超合理的節税術』特別レポート期間限定無料進呈中

『超合理的節税術』ではどの程度のスキルが必要なのか?

『超合理的節税術』では費用はかかるのか?

『超合理的節税術』は休日にまとめて出来るのか?

『超合理的節税術』には違法性はないのか?

『超合理的節税術』にはデメリットはあるのか?

『超合理的節税術』は類似商材と比べてどちらが良いのか?

『超合理的節税術』ではレター通りの結果が得られるのか?

『超合理的節税術』についての質問受付



外為FX妻が吐露! だんなに言えない1000万円消失

一時は投資総額が数百億円、数千億円とも噂された為替市シーンのミセス・ワタナベ。外為証拠金売り買いブームに乗ったわが国の主婦たちの異名だ。相シーンの大逆流に飲み込まれたとき、彼女たちは……。

「2005年から07年度はずいぶん儲けてたんですけど……昨年1月迄は、外為エビデンス金売り買い(異国為替あかし金売り買い)はほんとに凄かったんですよ」

愛知県名古屋市内の喫茶店で、筆者の前に腰掛けた市井昌代さん(仮名、53歳)。持ってきたカバンから、テーブルの上に薄茶色の封とうの束がバサリと広がった。膨れ上がった封とうの表側には、どれも地元の税務署の名が入っている。

「パソコンの画面上でしか儲かって居無いのに、ここ1〜2カ月で120万円以上税金を取られた。現金化してなくても、画面上の儲けから税金を計算するんだって。あちこちに相談したけど、ダメ。もうほんとに腹が立って。新聞で外為エビデンス金トレード投資家を保護する法案の件が出ていたけど、早く通ればいいなあ」

どうやら、確定申告を怠っていたご様子。一時は1000万円以上のもうけを上げていたというから、ペナルティをかんがえただけで空恐ろしい。取材中、何度も、「そちらは税務署と関係無いでしょうね?」と念を押すのも無法はなかった。

割り増しされた税金3年分に加え、08年は何と1000万円超が吹き飛んだ。ここ数年、田舎に単身赴任中の夫(55歳)はまだこのことを知ら無い。堅い大会社に勤め、投資そのものを嫌悪して居る夫に「凄く言えませんよ」と身を硬くするが、「悔しい。現代さらやめられますか?」と躍起になって居る。

「土・日以外はパソコンから離れられ無いから、週行く行く端には温泉でリフレッシュする」という市井さん。件業で成功した実父から毎年前借りする遺産100万円を元手に、4年前から異国為替あかし金トレード投資を始めた。

「メールについていた広告で、“商品券がもらえる”という謳い文句に釣られたんです。主婦ですよねえ」

家族の名義で100万円ずつで口座を開設した。アメリカドル・円を取引する。朝は4時半に起きてパソコンを開け、為替変動のチャートを見ながら作戦を練る。新聞は地元紙の一紙だけじっくりと読む。日々のパートの就業年月中も、デスクの下の携帯電話でチラチラと相情景をチェック。

どれだけ残業しようと、持ち家に戻ってからは、入浴の歳月以外は夜12時〜2時頃迄パソコンと首っ引きだ。子供2人はすでに独立。家こと等そっちのけだから、当然家の中は「ぐちゃぐちゃ」。

「1番目はノウハウが全然わかんなくて、1日5000円稼いだくらいで喜んでたんですが、画面を見ながら、24時間フリーダイヤルで証券会社会社の人に徹底的に聞いたんです。自分で本を読んで勉強するよりもずっとよくわかります。そういう他人の迷惑を顧み無い人じゃ無いと、外為証拠金トレードなんてできっこ無いですよ」

その甲斐あってか、1年以上経つと、チャートをじいーっと見ていればその後の動きがわかるように。証券会社マンの助言よりも当たるようになった。

急激な円安に乗じて大儲け。トレード業者や口座も、多いときは10社、10口座以上あったから、一時はスワップポイント(2国の通貨の金利差でつく儲け分)だけで1日1万2000円稼げた。「ホクホクだったんですよ」。当時の手帳にはその日々の稼ぎが6万数千円、7万数千円などと蛍光ペンで書き込んで在る。1日30万円以上を稼ぐ日もあった。

「夜中もふっと目が覚めて、ケータイで儲けを確かめて、ふふっと笑ってまた寝るとか(笑)」

けど、08年2月最後から状況が一変する。いわずとしれたサブプライムクエスチョンと、其れに伴うアメリカの景気後退への懸念が急浮き出した。数日間に5〜6円という凄まじい円高の進行うちに、円安を見込んで大きく賭けていた市井さんは、このときに限ってチャートのチェックを怠っていたのだ。

「3月17日の月曜日でした。前週ゆくゆくに、しばらく口座を見ていなかった業者から警告メールがきたんです。ヤバイ! と思って追い金をネットバンクから各口座に振ったんですけど、朝9時にそれが間に合わず……一瞬で、涙も出なかったです。画面にゼロ。何これ、ポジション何にもない! みたいな」

月・火の2日間に約1000万円が消滅。主なトレード業者の一つが、監査中で業務をしていなかった不運も重なった。

「調子のいいときに1円も現金に換えてなかったから、儲けは画面の中だけ。大きな買い物なんかして無いのに、全部消えちゃった……バカみたい」

それ以降、手帳への書き込みは無い。

6000万円の投資信託も4000万円に目減り。外為エビデンス金売り買いと合わせて約3000万円が消えた。「証券マンの口車に乗って損切りしたんです。ベンツかうち古マンションが買える額ですよね……」。

トレード業者のいくつかが倒産し、口座の大半を解約した。現代は、銀行から預貯金を下ろして税金を納める毎日だ。

「05年度将来の過少申告加算税が15%。他にも延滞税、無申告加算税。それ以外にも市・県民税の請求が十何万もきているし……」

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。